格差社会と学力の関連性について

今の日本で問題になっていることの一つに、格差社会が挙げられるのではないでしょうか。
高校中退者が増えていますが、驚くべきはその理由ではないでしょうか。
昔は素行不良や進路の変更が高いウエイトを占めていましたが、現在は経済的な理由で中退をする高校生が断トツのようです。
教育を受けるにも経済力がモノを言う時代になっていて、親御さんにとっては神経を磨り減らす時代だと言えます。
頼みの奨学金制度に関しても、現在の制度では貸与が原則になります。
大人になって支払いをすることになりますが、支払いに追われて困窮するケースもあるようです。
制度の抜本的な改革が必要ですし、意欲のある若者には無返還にするべきではないでしょうか。
教育を受けることで判断材料が芽生えますし、就ける職業の選択肢が増えます。
自らの可能性に蓋をしないことが大切ですし、若いうちはがむしゃらに勉学に打ち込むべきではないでしょうか。
それが明るい未来を掴むコツです。